人気ハーブの種類「シソ」育て方~料理のレシピ

カテゴリー
アーカイブ

育てやすく便利な香味野菜なシソは、日本のハーブの代表種ともいえるものです。品種としては青じそと赤じそがありますが、赤じそは主に梅干しの色付けやジュース、デザートなどに使うのに対して、青じそはアレンジ次第でどんな料理にも利用できます。作り方はどちらも同じです。料理のおいしさをグンとひきたてる葉だけでなく、収穫時期によって芽じそ、葉じそ、実じそといろいろ楽しめるのも魅力です。

シソ

別名 オオバ
科名 シソ科/一年草
原産地 日本
草丈 50~60㎝
用途 主に料理に利用する
ふやし方 種まき
病害虫 モザイク病、ガの幼虫、バッタの食害などに注意

植えつけ 4~6月
開花期 5~7月
収穫期 4~9月
ふやし方 4~5月(種まき)

日照 日当たりの良い場所
 水はけのよい土
 土の表面が乾いたらたっぷり与える
利用部分 花、葉、種、花穂
効能・効用 神経痛、糖尿病の改善など

Check!

上手に作るためのポイント

  • 暖かくなってから種をまくようにします。
  • 土は薄くかけます。
  • シソは寒さに弱く、25℃くらいの温度でよく育ちます。種は4~5月に暖かくなってからまきましょう。
  • シソの種は光を好むので、種をまいた後にかける土はごく薄くします。発芽までに日数がかかるので、土が乾燥しないように、濡れた新聞紙などをかぶせておくと発芽しやすくなります。

赤じその育て方

梅を漬けるときに欠かせない赤じそは、あたたかい場所に早まきします。桜の花が満開のころ種をまき、6月頃に収穫します。日当たりの良い場所で育てると葉色が鮮やかになります。

赤じそジュース

赤じそを使って、きれいでおいしいジュースを作ってみましょう。栄養たっぷりで、美容や夏バテの予防にピッタリです。原液はかなり濃いので、5倍ほどに薄めて飲むと良いでしょう。

材料(原液約1ℓ分)

  • 赤じそ…250g
  • 砂糖…200g
    ※甘さはお好みで調節してください。
  • 水…1ℓ
  • 酢…25㏄

作り方

  1. 葉を熱湯に入れてアクを取ります。
  2. お湯を捨てて、次に葉を水から煮ます。この時砂糖も入れます。
  3. 葉を取り出して酢を入れると、鮮やかな赤になります。

育て方

種から育てる場合

  • 種まき…畑を軽く耕して平らにして、水をかけてよく湿らせてから、種をバラバラと密にまきます。土は種が隠れる程度にごく薄くかけます。
  • 発芽…種まき後10~15日で発芽します。子葉の次に出てくるギザギザの葉が本葉です。

収穫しながら育てる

  • 芽ジソの収穫…本葉が出てきたら、葉が混み合っている部分を間引きします。間引きしたものは、芽ジソとして薬味などに利用します。
  • 葉が混み合ったら…成育中も、葉が混み合ってきたら間引き、最終的に株間が30㎝になるようにします。間引いたものも捨てずに利用します。
  • 葉ジソの収穫…本葉が10枚以上になったら、上部の2~4枚を摘み取って収穫します。成育中は水やりを兼ねて、2週間に1回液肥で追肥します。
    ※常に新鮮な葉を収穫するためには、一度にたくさん収穫しないのがコツ。

開花と収穫

  • 下葉を切り取る…大きくなった葉を下から切り取って適宜収穫し、葉ジソとして利用します。
  • 摘芯…夏の終わりに上部の葉を摘み取ります(摘芯)。摘芯すると、わきから枝が生えてくるので、また収穫できます。
  • 穂ジソの収穫…8月下旬ごろに白い花が咲きます。花が咲き始めたら、摘み取って穂ジソとして利用します。
    ※穂ジソは天ぷらやお吸い物の具などに利用できます。
  • 実ジソの収穫…花が咲き終わったら、結実とた種を収穫して、実ジソとして利用します。佃煮、香辛料などに
  • 翌年の収穫…シソは地植えなら、翌年以降もこぼれ種からよく増えます。

苗から育てる場合

シソは種からでもかんたんに育てられますが、初めての方は苗を購入して植えつけて育てると、より楽に栽培できます。
大きい葉が5~6枚ついた、茎がしっかりした苗を選びましょう。容器は5号鉢以上のものが目安です。根鉢をくずさないように取り出し、株元をやや高くして植えつけます。植えつけた後にはたっぷりと水を与え、2~3日日陰で管理します。根づいたら日当たりの良い場所に移し、水やりを兼ねて2週間に1回ほど液肥で追肥します。

プランターで育てる場合

シソはプランターでもかんたんに作れます。深さ10㎝以上の容器に砂とバーミキュライトを入れます。水でよく湿らせてから、種をバラまきにして、上から新聞紙をかけます。新聞紙の上から時々水やり、発芽したら新聞紙を取り除きます。成育中は、用土が乾いたらたっぷりと水を与えます。

シソでおいしい料理

ササミの梅シソがけ

早くできて、簡単でおいしい!

材料(2~3人分)

  • ササミ(筋をとっておく)…3本
  • 梅(種をとって細かく叩く)…3個
  • シソ(みじん切り)…3枚

作り方

  1. ササミを塩ゆでする(水に対して1%の塩を加えたもの)。
  2. 梅とシソを混ぜておく。
  3. 茹でたササミを水で冷まし、水分を拭く。
  4. 筋取りで切り開いたところに梅シソを挟み込む。

薬味丼

体にやさしいヘルシー丼

材料(2人分)

  • ミョウガ(斜め薄切り)…1本
  • シソ(細切り)…3枚
  • ダイコン…5㎝
  • 卵…2個
  • 麺つゆ(3倍濃縮)…大さじ3

作り方

  1. 皮をむいたダイコンをすりおろす。
  2. すりおろしたダイコンを汁と実に分ける。
  3. ご飯にダイコンおろしと野菜をのせ、卵を割り入れ、2の汁と麺つゆを混ぜてかける。

コメント

タイトルとURLをコピーしました