人気ハーブの種類「セージ」育て方~料理のレシピ

カテゴリー
アーカイブ

古代から人々の健康と密接に関わってきたハーブで、サルビアに似た花を咲かせることから、別名のように呼ばれることもあります。料理でも大活躍で、肉の臭みを消して風味を豊かにし、ソーセージの詰め物に欠かせません。葉を煎じて健康に良いティーにするのもおすすめです。品種も豊富でガーデニングの素材としても楽しめます。収穫後、さし木で簡単に増やせます。

セージ

別名 ヤクヨウサルビア
科名 シソ科/多年草
原産地 地中海沿岸
草丈 30~70㎝
用途 ハーブティー、料理、ハーブバス、ポプリ、切り花、ドライフラワー、ガーデニング、クラフトなど
ふやし方 さし木、とり木、
病害虫 高温乾燥期に発生するハダニに注意

植えつけ 4~5月、10~11月
開花期 5~6月
収穫期 1~12月
ふやし方 3~4月(さし芽)、9~10月(さし芽)

日照 日なたまたは半日陰
 水はけのよい乾燥気味の土
 土が乾いたら控えめに与える
利用部分 花、葉、茎
効能・効用 強壮、収れん、食欲増進、消化促進、抗菌など

育て方

苗の植えつけ

  • よい苗を選ぶ…植えつけは春か秋に。ヒョロヒョロと伸びていないがっちりとした苗を選びましょう。
  • 苗を取り出す…苗を取り出すとき、茎がやわらかいので、折らないように注意しましょう。
  • 鉢に植える…苗を置いてみて深さを調整します。根元がやや高くなるように植えつけると水はけがよくなります。
  • 土を入れる…鉢の苗の間にしっかり土入れ込み、苗を安定させます。
  • 苗が倒れないようにする…根元に土を寄せて、苗が倒れないようにしっかり植えつけます。
  • 水を与える…鉢底からあふれるくらいたっぷり水を与えます。株分けした苗を植え付けた場合は2~3日の間日陰におきましょう。
  • 日当たりの良い場所で育てる…苗が根づいたら、日当たりの良い場所に移します。日当たりと水はけがよければ、セージはよく育ちます。逆に湿気がやや苦手なので、水のやりすぎ、梅雨時期などに注意しましょう。水やりは土の表面が完全に乾いたら与えるようにします。

収穫

  • 収穫はいつでも…葉は1年中いつでも収穫できます。草丈が30㎝以上になったら、若い葉から収穫していきましょう。下の方の葉は残しておけば、どんどん葉が生えてきます。
  • 若い葉を収穫する…若い葉はあざやかな緑色をしています。柔らかいので手で摘み取るようにしましょう。
  • こまめに収穫する…成育中はこまめに収穫して風通しを良くしてやります。放っておくと蒸れて病気になることがあるので注意。
  • 初夏に開花…5~6月に薄紫色の小花が咲きます。種から育てた場合は、開花は2年目になります。

株の更新

  • 株を更新します…株が大きくなったら大きめの容器に植え替えましょう。古い株は根元近くの枝が木のようになってきます。これを木質化といいます。
  • 古い枝を切る…茶色くなった古い枝を根元近くで切ります。これを切り戻しといいます。こうすることで株の負担をやわらげます。
  • 若い枝を残す…色のよい若い枝を残しておくと、また成長してきて収穫を楽しむことができます。
  • 肥料を追加する…切り戻しをしたら、肥料を追加してやりましょう。これをお礼肥えといいます。緩効性の肥料を小さじ1杯ぐらい与えます。

その後の管理

霜が降りる前に根元を保温して

霜にあたる心配のない地域では、葉は残したまま冬越しできます。寒冷地では、根元を藁や腐葉土で覆って、霜と凍結を防ぎ、春になって新芽が伸び始めたら、様子を見ながら、前年の枝を切ります。

葉の利用方法

料理はもちろんのこと、その香りは様々な楽しみ方が可能です。花はタッジーマッジーの材料や、サラダの彩りにも利用することができます。

  • 切り花として飾る。
  • 料理の飾りやサラダに散らしても。

セージビネガーを作ってみましょう

剪定などで切り落とした葉つきの枝を利用して、香り豊かなセージビネガーを作ってみましょう。

材料

  • セージの枝(葉つき)2本
  • 酢 200㏄
  • ふたつきの密閉容器

作り方

  1. セージをやさしくさっと洗い、完全に水気を切って乾かしておきます。
  2. セージを清潔な密閉容器に入れてから、酢を静かに注ぎ入れます。セージが完全に浸かるようにしたらふたをします。
  3. ときどきビンをゆすりながら、室温で2週間ほど置きます。
  4. 酢に香りが移ったら、セージをとり除くか茶こしなどでこします。

POINT

  • カビが発生する原因となるので、洗ったときの水分は完全にとっておきます。
  • セージの風味が足りない場合はセージを足します。
  • 逆にセージの風味が強すぎる場合は、酢を足して調整します。
  • 出来上がったセージビネガーは、冷蔵庫に保存し、早めに使いきります。

利用方法

シチューやカレーなどの煮込み料理の仕上げに少し入れると、香り高くさっぱりとした風味に仕上がります。

セージの仲間

セージは花のサルビアの仲間で、花色、香り、花姿ともにとてもたくさんの品種があります。一般的なコモンセージのように料理に使うよりかは、ガーデニングの材料として、香りと花を楽しむに適したものが多いです。

  • チェリーセージ…赤く鮮やかな花をつけ、主に鑑賞用として利用される。
  • パイナップルセージ…葉にパイナップルの香りがあり、切り花やポプリ、サラダなどに。
  • ゴールデンセージ…黄色い斑入りの葉が美しい品種。夏過ぎに紫色の花が咲く。
  • パープルセージ…葉が紫色に色づく品種。
  • クラリーセージ…草丈は1m以上となる大型種。寒さにも強い。
  • ボックセージ…青い小花を咲かせる品種。寒さにも強くガーデニングに重宝。
  • メキシカンブッシュセージ…主に切り花やドライフラワーの材料として使われる。
  • フルーツセージ…葉に触れるだけでフルーティーな甘い香りのする品種。
  • マドレンシスセージ…メキシコ原産で草丈が2mにもなる大型種。主にガーデニングに。
  • ローズリーフセージ…バラににた葉をもつ品種。濃いピンクの花が人気。
  • メドーセージ…美しい青紫色の花が魅力的な品種。主にガーデニングに。
  • レオノチスセージ…鮮やかなオレンジ色の花が特徴。主にドライフラワーなどに。
  • ペインデットセージ…紫、ピンク、白など、全体が絵の具などを塗ったように鮮やかに色ずく。主にガーデニングの彩りに使われる。
  • クレベラントセージ…大きな水色の花を咲かせる園芸種。香りもよい。
  • エルサレムセージ…草丈は1m以上となる大型種。夏から晩秋に黄色い花が咲く。

フレッシュセージでおいしい料理

クリーミーはちみつレモンのコールスロー

材料(3~4人分)

  • キャベツ…1/4個
  • キュウリ…1本
  • ハムや鶏ハム…適量
  • コーン…大さじ4
  • ヨーグルト…1/2カップ

  • セージ(みじん切り)…大さじ1
    ワインビネガーまたは米酢…大さじ4
    はちみつ…大さじ2
    レモン汁…大さじ2
    塩…小さじ1/2
    白コショウ…少々

作り方

  1. キャベツとキュウリは千切りにして塩もみする。
  2. 鶏ハム、ハムは千切りにする。
  3. コーンは汁」を切っておく。
  4. 材料Aをボウルに入れてよくかき混ぜる、最後にヨーグルトを混ぜる。
  5. 1の野菜を絞って、ハム、コーンと一緒に4のソースで和える。ソースは少し多めなので少しずつ和えていく。

トマトがじゅわっとあふれるイタリアンカツ

材料(4人分)

  • 豚ロースの薄切り…16枚
  • トマト…1個
  • セージ…8本
  • クリームチーズ(15gのもの)…4個
  • 薄力粉…適量
  • 溶き卵…適量
  • パン粉…適量
  • オリーブオイル…適量
  • 塩、コショウ…適量
  • 付け合わせの野菜…適量

作り方

  1. トマトを1㎝幅の半月に切る。
  2. クリームチーズを半分の大きさに切る。
  3. 豚の薄切り肉を真ん中で少し重なるように2枚1組にして、トマトとセージ、クリームチーズを置いて巻く。
  4. 3の表面に軽く塩コショウをふって、薄力粉、溶き卵、パン粉の順につける。
  5. フライパンでやや多めのオリーブオイルをひいて180℃に熱し、4をこんがりきつね色になるまで揚げる。
    食べやすくカットして付け合わせの野菜と一緒に盛りつける。

豚ひき肉とセージのバターロールサンド

材料(8個分)

  • 豚ひき肉…150g
  • エリンギ…40g
  • セージ…1g~
  • バター…10g
  • マヨネーズ…30g
  • マスタード…適量
  • 塩、コショウ…少々
  • ベビーリーフまたはレタス…適量

作り方

  1. ボウルにマヨネーズとマスタードを入れる
  2. フライパンにバターを溶かし、細かく刻んだエリンギをよく炒め、塩、コショウをして、1のボウルに入れる
  3. 2の空いたフライパンに豚ひき肉を入れ、色が変わるまで炒め、塩コショウをし、細かく刻んだセージを加え更に炒め、1のボウルに入れ、よく混ぜわせる。
  4. ロールパンに包丁で縦に切り込みを入れ、トースターで軽くあたためる。
  5. ロールパンにベビーリーフまたはレタスをはさみ、3をのせる。お好みでケチャップをかける。

コメント

タイトルとURLをコピーしました